おやすみ日常

眠るように暮らしたい

風潮

あけましておめでとうございます。

年明け前に髪を切って、すっきりした状態でハッピーニューイヤーできました。

年末年始でお仕事を9日ほど休んで昨日、今年初出勤をキメてきた次第です。

 

さぁ~~~~やるぞ!!!!!!!お仕事!!!

 

わりと上機嫌でお仕事に行ったんですよね。

嫌だったけど、9日も休めたら、少しは働こうかなという気分にもなります。

この時はまだ、新年からモヤモヤを抱えることになるとは思いもしませんでした。

 

どんなことが起きたかというと、

一日という短い時間の中で

「結婚」を示唆する圧力ワードを3回も脳天に打ち込まれたのです。

 

 

大げさだと思いますよね。

意識するわたしが悪いと思うのですが、今に始まったことではなかったので「結婚」についてぐるぐる考えるきっかけになりました。

 

 

「結婚して当たり前」という世の中の風潮

その日は、3人の人から

「髪切って素敵になったね~。いい人できたんじゃないの」

「今年の占い、先生のおうし座はいいこと書いてあったよ」

(見てみたら、「いい人が現れるかも!」的内容だった)

「先生、今年の抱負は?え、ズボラを直すこと?ズボラなの?しかも外に出ることは目標に入ってないんだ(笑)」

 

怒涛の圧力ワードである。(泣)

 

 

また他の日に、

「結婚しなくてもいいの?一人だと寂しいじゃん」

「家でゲームしてばかりじゃダメだよ」と言われることもあったり、

 

「ごめん、○○(わたしの名前)。わたし苗字変わるわ」

と友だちに謎に謝られることもありました。

 

 

 

 

「結婚が当たり前」「結婚生活は総じて幸せ」

という風潮が蔓延っていて、

わたしもまた、その波に飲まれそうになっているのです。

 

 

結婚ってそんなにいいものなの?

 

たしかにわたしに声をかけてきた先輩方は、

夫婦仲もよく、子どもも元気に学校に通っており、楽しそう。

 

でも考えてしまうんです。

 

水面下で行われる不倫とか

 わたしの狭い人間関係の中ですら3件あった。

 一つは結局離婚へ。

 (表ではいい旦那いい妻なのに裏で何やってるか分からないの怖すぎ)

 (「幸せ風な暮らし」。気付かれなければいいのか?)

 

職場で止まらない旦那の愚痴とか

 母の職場での話題はほぼ旦那の愚痴らしい(そんな職場嫌だ)

 旦那を庭に埋めたいとか会話するのが嫌だから早く寝るとかあるらしい・・・

 

尻に敷かれ発言権0の旦那とか

 我が家ですね。

 人権ないんじゃないかってぐらい敷かれに敷かれてぺしゃんこです。

 

 

 

本当に結婚=幸せなのかって・・・。

 

 

みんなは何を考えて結婚するのだろう

結婚したいと思う人も、汚いことがあることは承知の上なのかなと思います。

「自分たちはそうじゃない。そうならない」と強く信じられるか、

多少汚くても見えなきゃいいんじゃないって割り切ることができる人。

 

または、

「汚い部分から目を背ける」なんていう言葉が必要のないくらいの

本当の純愛をしている。

(本当の純愛って言葉、オタク感丸出し)

いろいろ書き連ねましたが、

できればこうなりたいと心の底では思っていますよそりゃ。

 

 

結婚をしている人も水面下で何が行われているのか分からないんだから、「結婚=幸せ」の方程式で殴ってこないでほしい。どちらが良いことと言い切れることもないのだし、人の人生はそっとしてほしいですね。

結婚する・しない にこだわらない世界線に行きたいです。

 

世の風潮に飲まれて、「結婚できない」ことをこうやって言い訳しなくちゃいられないような自分が嫌なので。