おやすみ日常

眠るように暮らしたい

抜け出た

この前、父に「最近学校どう?」と聞かれた時に、

「楽しいよ」と答えていた。驚いた。

親に自分が苦しむ姿を見せたくないという多少の強がりがあるにしても。

常時気持ちど底辺野郎のわたしが。

 

 

研修会で同期に会った時に「元気!?」とあいさつされた時も、

「ねえうつ病完治した!!!!!」と答えていた。驚いた。

しかも自分の口角が上がっているのを感じた。

いやあいさつで口角下がっているやつとか嫌だけど。

 

 

そういう返事ができたことに自分が一番びっくりしてここ最近の生活を振り返ってみると、そういえば出勤や退勤で、アクセル踏みしめて橋から落ちようとか、踏切でうっかり電車に轢かれたいとか思わなくなったなーと思った。

車や更衣室やトイレで、涙が出るほど気持ちが高ぶることもなくなった。

(あったことが怖いわ)(がんばってたね、一生けんめいだね)

 

 

そりゃもちろん、まだ腹立たしいこともたくさんある。

発達段階で考えたら当たり前なのだけれど、周りのことを考えもせずに自分勝手にふるまったり、大人から見たら些細とも思えるようなことでキレたりする子と対峙していると、くらくらしそうになる。

どーーーーーーーーーでもいいことで怒鳴りあっている二人の間で仲介している時に、意識が宇宙に飛んでいる時もある。

 

 

でも、以前より、子どもの発言でゲラゲラ笑ったり、頑張りに励まされたりすることが増え、前向きに生きている実感があることは確かだ。

 

 

何がそうさせているのかな~と考えた時にいくつか要因が浮かんだ

・熱中できるゲームができた(楽しさでいうと『自分がゲームをする>>>ゲーム実況を観る』と感じると分かった時には、嬉しかった)

・職場に後輩が入ってきた(職場でタメ口で話したり気軽にご飯に行けたりする相手がいるのは大きい。あと、新人へのヘイトが分散される、ごめん、笑)

・整体に行くようになった(洗脳されると悪いから向こうの人の話は半信半疑で聞いているのだけれど、血流が良くなることは自律神経にも良くて気持ちも安定すると言われた。どこまで効果があるのかは知らん)

 

 

ただ、最近の心の安定は、「ずっとこの職業でオッケーです!!わたし、いけます!!!」と覚悟を決めたわけではなく、たまたまこの職場で、たまたまこの人間関係で、たまたまこのクラスで、だから成り立っているものだということも分かっている。

 

 

この前会った友だちが「うちの学校のベテランの先生、『このクラス持ち上がりさせられるなら辞めますって校長に言う。』って言ってたよ。」って言ってたよ。そうなんです。わたしも去年そう思ってました。毎年毎年が本当に一期一会であるし、すでに荒れている高学年なんかは、力のある先生でさえ困憊してしまうものなのだ。だって、自分の言うことを聞かない、あるいは反発してくるような子どもたちと、朝から晩まで一緒にいることが一年間続くんだよ。気が狂うでしょ。

 

そういう「危うさ」と隣り合わせの職業なのだ。

 

 

でもまあ、「死にたい」って感情が脳内で渦巻いていた少し前の人生よりは楽しいです。今思うと鬱の一歩手前だったんじゃないかって思うけど、食欲めちゃくちゃあったし、眠れなかったことないし、分からないですね。

 

沼の底みたいなところから抜け出ることができて、良かったです。

新入社員とか、新採用の先生とか、マジで今地獄だなって思ってる人にも

いつか光が射すといいなって心から思います。